読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「それでもボクはやってない」を見て

今更見てみました(笑)

 

何年か前にすごく話題になっていたのは知ってたんですが、当時は法廷モノに興味が無かったので見ていませんでした。

 

感想としては、すごく面白かったです。

痴漢冤罪がテーマなんですけどね。

映画に登場する警察官、検察官、裁判官(2人目の)にはショックを受けました。

実際あんな感じなんでしょうか?

多分あんな感じなんでしょう、多分。。。

見終わって感じたのは冤罪の重みと、

「都会の男性って常にこんな危険と隣り合わせで生きてるのかー!」

という驚きです。

女の私には分からなかった部分です。

 

「痴漢です」って手を掴まれたら・・・

それが女性側の勘違いだったとしても、

本当に痴漢をしてないとしても、

男性側が裁判で負ける確立が99.9%ですよ。

恐ろしい。

 

問題を問題として提起してる映画ですね。

これはお薦めです。